リバウンドについて ダイエットをしていると、どうしてもぶつかってしまうのが停滞期です。
これまで割とスムーズに体重が減っていき順調に進んでいたダイエットが、突如として体重減少がストップしてしまうのです。
さらには同じように食事制限、運動などをしているのに、体重が少し増えてしまっていることも。
こうなると、さらにきつい食事制限や運動を自分に課すようになってしまう人もいるでしょう。
これがリバウンドの原因になってしまうことも多いのではないでしょうか。

リバウンドしてしまうのは、やはり大きなストレスが要因となっているはずです。
リバウンドをしないための注意点をここでご紹介したいと思います。

まずはダイエットを始める前に、人間の身体にはホメオタシスがあることを知っておきましょう。
ホメオタシスとは、人間であれば誰もが持っている機能で、どんな状況であっても体温や血圧などを一定に保とうとする機能の事です。
これはダイエット中にも働き、これが停滞期となって現れるのです。
ダイエット中の食生活、運動などによって減少していた体重が、その生活に慣れてしまい停滞してしまうのです。

ここで無理をしないでそのままの生活をコツコツと続けることがリバウンドしないためのポイントです。
どうしてもこの時期にもっとストイックな食事制限をしてしまう人、反対にダイエットをやめてしまい、もとの生活に戻ってしまう人がいます。
ストイックになるのは、ストレスの要因となりリバウンドの原因に、もとの生活に戻るのもそれまでのダイエットを台無しにしてしまうものです。

ホメオタシスが働き停滞期になった時期には、それまでと同じようなダイエット生活を1ヶ月くらいは続けることが大切です。
そうすることで、ダイエットで痩せた体重が自然と保たれるようになります。
つまり今度はダイエットで痩せた体型が、本来の体型であるとホメオタシスの機能が認識して、その体重がキープしやすくなるのです。
リバウンドしないためには、停滞期があることを知り、ここで諦めずにそれまでと同じようにダイエットを続けることが大切です。

最初に戻る