1ヶ月間の目標基準とは ダイエットを成功させるためには、無理をしない程度で達成できる目標を立ててから、ダイエットを開始することが大切なポイントです。
あと5キロ痩せたい、と思っていてたとしても、すぐに達成しようと思ってはいけません。
短期間での集中ダイエットや、断食プログラムなども流行しているようですが、このような急激なダイエットを自己流でやっていたのでは、ほぼ確実にリバウンドしてしまうでしょう。

リバウンドを繰り返していては、健康にも良くないことですし、太りやすい体質になってしまうのは皆さんよくご存知だと思います。
無理をしないで確実に減量していくためには、1ヶ月のあいだに減量する、おおよその目標基準と言うものがあります。

減量する体重の目標基準は1ヶ月あたり、総体重の3%から5%くらいがベストであるとされています。
たとえば、今現在体重が50キロある方の場合には、1ヶ月で1.5キロから2.5キロくらいの減量を目標とするのがおススメです。
このくらいを1ヶ月あたりの目標体重としてダイエットを続けていけば、無理なくダイエットに成功できるはずです。

無理をしたダイエットで怖いのがリバウンドです。
例えば50キロの方が1ヶ月に4キロも5キロも一気に痩せようとすれば、一度は成功したとしても、すぐにボールが跳ね返ってくるように、体重もまたもとの体重にまで戻ってしまう、さらにはもっと体重が増加してしまう恐れも出てくるのです。

ではどうしてこのようなリバウンドがダイエットにはつきものなのかと言えば、人間の身体の機能として備わっている恒常性という働きのためです。
これは体温やエネルギー量、水分量、などを常に一定に保とうとする働きのことで、体温が下がると寒くなったり、運動をすればお腹がすく、汗をかけば喉が渇く、などの基本的な身体の働きのことです。

急激なダイエットは、この恒常性が身体の極端な変化に強い危機感をおぼえてしまい、必死に身体を元の状態に戻そうと働くのです。
激しい空腹感などとして現れて、体重があっという間に元に戻ってしまうのですね。
1ヶ月に総体重の3%から5%程度の減量であれば、この恒常性の働きも正常に保たれてリバウンドの恐れもなく、ダイエットが成功できるのです。


最初に戻る