ダイエットには運動も欠かせない ダイエットといえば、真っ先に食事制限がイメージされますが、運動も密接な関係があります。
食事制限によるカロリーコントロールももちろんダイエットには必要不可欠なものですが、運動も無視することは出来ません。
食事制限と運動を上手に取り入れることで、ダイエットもスムーズに成功することができるでしょう。

ダイエットの際に有効なのが有酸素運動です。
ウォーキングやジョギング、水泳やエアロビクスダンスなどが有酸素運動になります。
これらの有酸素運動を始めてから20分くらいまでは、エネルギーを生み出すために、運動中に体内に取り込まれる酸素を使って血液中の糖質や脂肪などが分解されていきます。

まず血液中の糖質や脂肪が分解されていくので、まず血糖値や血中脂肪を効果的に減らすことが出来ます。
血液サラサラ効果はこの時点であるのですが、さらに体脂肪を減らすためには、20分以上は有酸素運動を続けることが必要です。
有酸素運動を20分以上続けていると、血中のエネルギーが不足してきます。
こうなった時に脂肪分解酵素であるリパーゼが、不足したエネルギーを補うために働き始めるようになります。
脂肪分解酵素のリパーゼは、内臓脂肪や皮下脂肪と言われる体脂肪を、脂肪酸とグリセリンに分解して、血液中に流してくれる働きがあります。
身体に蓄積されていた脂肪が、有酸素運動中にどんどん燃焼されていき、ダイエット効果が期待できるというわけなのです。

ダイエットをする時には、ウォーキングや水泳など、自分に合った有酸素運動を取り入れることがおススメです。
目安としては20分以上は続けることで、このあとはやっただけ体脂肪を燃焼させることが出来ます。

また無酸素運動もダイエット中には欠かせないものです。
無酸素運動とは、筋トレなどのことで、効果的に筋肉を付けることが出来ます。
筋肉を付けることによって基礎代謝を高めることができるので、痩せやすい体質になることができるのです。
無酸素運動によって筋肉量を増やすことで、リバウンドしにくい体質になれるというわけなのです。

健康的で効果的にダイエットをするには、無理のない範囲で良いので運動を行うことがおススメです。


最初に戻る